読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社説でまなぶ時事英語

「時事英語を学びたい!でも英字新聞を毎日読む時間なんてない!」 そんなあなたのための、一日一記事 ・5分で身につく時事英語。日本語の新聞社説とその英語版を読み比べ、時事英単語&使える日英表現をまとめています。

トルコ軍反乱 鎮圧が国民融和につながるか?

こんにちは。RIEです。

今日のテーマは、「トルコ軍反乱 クーデター未遂」です。

 

最近は毎日のように、世界のどこかで大きな事件が起きていますね。。

各地でテロや襲撃事件などが相次いでいるなか、なんと、トルコでは7月15日(現地時間)、軍によるクーデター未遂が発生。

同国のエルドアン大統領は16日に鎮圧宣言を出しましたが、多くの死傷者が出ました。

 

事件の詳細および18日時点での進展を知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

 

このテーマの社説はぜひ読みたいと思っていたのですが、サイト上に日英対訳が揃っているのは「読売新聞」のみでした。

読売新聞サイトでは、社説は一定期間(約二週間)後にリンク切れになります(泣)。ご注意ください。

 

 ☆今日の社説

・読売新聞 2016年7月17日社説

「トルコ軍反乱 鎮圧が国民融和につながるか」

 

 ・The Japan News (上記社説の英訳)

”Would suppression of military revolt in Turkey lead to reconciliation? ”

  

 

→リンク切れになりました。。

 

 

 

☆内容ポイント

・トルコの首都アンカラと最大都市イスタンブールで、軍の一部がクーデターを企てた。交戦や爆発により多数の死傷者が出たが、政府を支持する軍と警察が反乱軍をほぼ制圧した。クーデターの試みは失敗に終わり、多くの兵士が殺害、拘束された。

 

・今回の反乱は、政権が宗教色を強め、憲法改正などで軍の権限縮小を断行したことに対する不満が背景といわれる。「政教分離の世俗主義」を国是とするトルコにおいて、軍は「世俗主義の守護者」を自任する。軍はこれまでも、政府のイスラム化や政治腐敗を理由にクーデターを起こしている。

 

・エルドアン大統領は、経済成長を主導した実績を基に、イスラム教徒寄りの政策を進めてきた。問題は、その強権的な手法によって、国内のあつれきが増していること。エルドアン氏が世俗主義者らとの融和を図らなければ、政情の安定は期待できない。

 

・今回の事態による中東情勢の一層の悪化を防ぐため、トルコが米国・EUとの協調を維持すること、さらに、国際社会による積極的関与が欠かせない。

 

☆単語メモ

  • エルドアン大統領   - President Recep Tayyip Erdogan
  • 鎮圧   - suppression
  • 政権を転覆させる   - overthrow a government
  • さらなる流血を回避する   - further bloodshed will be averted
  • クーデターを企てる   - attempt a coup
  • 戦車を展開する   - deploy tanks
  • 放送局を占拠する   - occupy broadcasting stations
  • 交戦   - clashes of arms
  • 多数の死傷者が出た   - result in a large number of casulties
  • 主要道路   - arterial roads
  • 反乱軍   - the rebel troops
  • 秩序の回復を求める   - call for the restoration of order
  • 長期化する   - continue for an extended period
  • 宗教色を強める   - become even more religious
  • ~を国是とする   - stand by its national principle of ...
  • 政教分離   - the separation of religion and politics
  • 世俗主義   - secularism
  • 「世俗主義の守護者」   - "the defenders of secularism"
  • イスラム化   - Islamization
  • ケマル・アタチュルク(トルコ初代大統領)   - Kemal Ataturk
  • 夜間の酒類販売禁止   - a ban on the sale of alcoholic beverages at night
  • イスラム教徒寄りの政策   - policy measures marked by a tilt toward Muslims
  • 強権的な手法   - iron-fisted approach
  • あつれきを増す   - heighten friction
  • 反政府デモ   - antigovenment demonstrations
  • 弾圧する   - crack down
  • 言論機関   - organs of public opinion
  • 独立を主張するクルド人武装勢力   - armed groups of separatist Kurds
  • 「イスラム国」  - the Islamic State of Iraq and the Levant (ISIL) 
  • 〜と融和を図る   - facilitate reconciliation with...
  • 有志連合   - the coalition of the willing
  • 中東情勢を一層悪化させる   - further exacerbate the situation in the Middle East

 

☆今日の使える表現

・~を自任する   - see oneself as...

軍は「世俗主義の守護者」を自任する

The military see themselves as “the defenders of secularism.”

 

・~を率いて、~の舵を取って   - at the helm of ...

エルドアン氏はイスラム穏健政党を率い、2003年から首相、14年から大統領を務める。

At the helm of a moderate Islamic party, Erdogan became prime minister in 2003 and president in 2014.

 

・~を管理下に置いた   - control has been exercised over...

反政府デモを弾圧し、政権に批判的な言論機関を管理下に置いた

Antigovernment demonstrations have been cracked down on, and control has been exercised over organs of public opinion critical of the government.

 

・泥沼化する   - turn into a quagmire

独立を主張するクルド人武装組織との戦闘が泥沼化し、…

Fighting against armed groups of separatist Kurds has turned into a quagmire,…

(quagmire [kwǽgmàiər] 1.ぬかるみ、沼地、泥沼、2.窮地、ピンチ、苦境)

 

 

今日は以上です。

 

犠牲となった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

個人的に、トルコは大好きな国の一つです。

人々が心穏やかに過ごせる日々が早く戻ってきますように。

 

 

 

↓参加してみました。

日々更新の励みになるので、どうぞお願いいたします^^