読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社説でまなぶ時事英語

「時事英語を学びたい!でも英字新聞を毎日読む時間なんてない!」 そんなあなたのための、一日一記事 ・5分で身につく時事英語。日本語の新聞社説とその英語版を読み比べ、時事英単語&使える日英表現をまとめています。

がんばれ新社会人!「働き方改革」について

おはようございます。RIEです。

 

早いもので、もう4月。日本では2017年度が始まりましたね。

 

そして今日はまさに、多くの新社会人がデビューする日ではないでしょうか。

きっと緊張の面持ちでそれぞれの入社式に出席しているのでは。

うーん、初々しい!^^

 

 

そんなフレッシュな気持ちなどとうに忘れてしまった私ですが、応援の気持ちを込めて、今日は仕事と人生について考えたいと思います。

 

今回のテーマは、最近注目を集めている、「働き方改革」です。

 

詳細はこちらをご覧ください。

  

 

 

 ☆今日の社説

本日の社説は、毎日新聞からお借りしました。

 

・毎日新聞 2017年3月30日社説

 「働き方改革の実行計画 抜け道ふさぐ制度設計を」

 

 ・The Mainichi 毎日新聞英文サイト (上記社説の英訳)

Close loopholes in restrictions on overtime amid work reforms

 

 

 

 

☆内容ポイント

 ・政府の「働き方改革実行計画」がまとまった。非正規社員の待遇を改善するための同一労働同一賃金の実現、長時間残業の規制が柱である。

・企業活動を優先して労働規制を緩和してきた流れの大転換であるが、残業時間規制の甘さ、「高度プロフェッショナル制度」の矛盾点などの問題も残る。実効性の確保も課題であり、企業へのチェック体制を強化する必要がある。

・働き手不足を背景に、働き方の改善が大きな流れになっている。政府は抜け穴を許さない制度設計に努めるべきだ。

 

 

 

☆単語メモ

  •  働き方改革   - work reforms, work style reforms
  • 「働き方改革実行計画」  - an action plan for work style reforms
  • 非正規社員   - non-regular workers
  • 同一労働同一賃金   - equal pay for equal work 
  • 長時間残業の規制    - to restrict long work hours 
  • 労働規制を緩和する   - to relax restrictions on working conditions 
  • かつてのモーレツ社員という考え方   - the traditional idea of respecting workaholic employees 
  • 成長戦略   - the economic growth strategy
  • 繁忙期の上限   - the upper limit on work hours during busy periods
  • 過労死   - "deaths by overwork"
  • 「月100時間未満」  - less than 100 hours per month 
  • 労災認定される   - be recognized as work-related accidents 
  • 高度プロフェッショナル   - highly specialized professionals
  • 労働基準法   - the Labor Standards Act 
  • ~法案の早期成立を求める   - to call for early enactment of a bill to ...
  • 成果主義賃金   - a merit-based pay system 
  • ~と矛盾する   - running counter to ... 
  • 実効性を確保する   - to ensure the efficacy of ...
  • 残業代   - overtime allowances 
  • 「罰金」  - "fine" 
  • 労働者に必要な生活給   - an important part of income for workers to cover their living expenses
  • 派遣労働者   - workers dispatched from temp agencies 
  • 労使協定   - a labor-management agreement 
  • 労組   - labor unions
  • ~を順守する   - abide by ... 
  • 強制調査権を持つ   - be authorized to conduct compulsory inspections on ...
  • 労働基準監督署   - labor standards inspection offices
  • 人員補充   - boosting the number of officials 
  • チェック体制を強化しなければならない - oversight systems need to be reinforced 
  • 働き手不足   - a labor shortage
  • 営業時間や労働時間の短縮   - cutting business hours and employees' work hours
  • 働き方の改善   - improvements in working conditions
  • 今年の春闘   - labor-management negotiations this spring
  • こうした流れをさらに確実にする   - to bolster these trends
  • 抜け道をふさぐ   - to close loopholes in ...

 

 

 

☆今日の使える表現

 

・(~の)流れの大転換である   - the move represents a major shift in ...

1990年代から企業活動を優先して労働規制を緩和してきた流れの大転換である

The move represents a major shift in the labor policy Japan has taken since the 1990s, which has relaxed restrictions on working conditions to prioritize corporate activities

 

・(~という)日本にする   - transform Japanese society into one in which...

「非正規という言葉を一掃する」「かつてのモーレツ社員という考え方自体が否定される日本にする」などの力強い言葉が実行計画には並ぶ。
The plan says the government aims to "eliminate the phrase, 'non-regular workers,'" and "transform Japanese society into one in which the traditional idea of respecting workaholic employees is dismissed."

 

・~に着手する   - embark on ...

・~の方向性を打ち出す   - bring forth the policy of ...ing

安倍政権は成長戦略の一環として働き方改革に着手したが、結果的に労働者保護の方向性を打ち出したことは評価に値する。
The government of Prime Minister Shinzo Abe embarked on what it calls "work-style reforms" as part of its economic growth strategy. But it turns out that the Abe administration has brought forth the policy of protecting workers, and it should be appreciated.

 

 

・~を背景に   - against the backdrop of ...

働き手不足を背景に、今春闘では営業時間や労働時間の短縮など、働き方の改善が労使交渉の重要項目となっている。

Against the backdrop of a labor shortage, improvements in working conditions, such as cutting business hours and employees' work hours, were high on the agenda of labor-management negotiations this spring.

 

 

 

 ☆関連記事

 

・日本経済新聞

「働き方改革」の概要がよくわかる記事です。

(こちらは私の通訳の師匠より教えていただきました^^)

 

 

・NIKKEI ASIAN REVIEW

 

 

・The Japan Times

 

 

・Reuters

 

 

・The Financial Times

日本政府の“work-style reforms”についても少し触れています。

Economists hopeful about Japan’s inflation outlook

 

 

 

 

今日のテーマは、「働き方改革」でした。

 

今日のブログタイトルには「がんばれ新社会人!」とありますが、それぞれが自分の夢や希望する人生を実現するために全力を尽くせますように、との願いをこめて書きました。

心身を壊してまでがんばる必要はないですからね~!^^;

 

 

それにしても、働き方とは、まさに時代を映す鏡だと思います。

私が大学を出た頃は、産休・育休もまだそれほど一般的ではなく、男性の育児休暇取得にいたっては想像すらできなかったような…。(イクメンという言葉もなかった。。)

 

それぞれの個人や家庭の事情に合わせて、もっと多様な働き方が選択できるようになるといいですね。

今日社会に出た世代の人々が第一線で活躍するころには、そのような社会になっていますように。

 

 

ではでは、皆さん、今年度もがんばりましょう~^^

 

  

RIE