読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社説でまなぶ時事英語

「時事英語を学びたい!でも英字新聞を毎日読む時間なんてない!」 そんなあなたのための、一日一記事 ・5分で身につく時事英語。日本語の新聞社説とその英語版を読み比べ、時事英単語&使える日英表現をまとめています。

がんばろう九州!JR九州、東証へ上場

経済 社会

おはようございます。RIEです。

今日のテーマは、「JR九州、東京証券取引所へ上場」です。

 

前回のディラン氏ノーベル賞受賞(?)に引き続き、今日も明るい話題です。

ミサイルがどうとかではなく、こういうのはいいですね^^

 

 

10月25日、JR九州が東京証券取引所への上場を果たしました。

JR旅客6社のうち、東日本、西日本、東海に続く、4社目の上場となります。


 

 

4月の大地震の傷跡がいまだ残る九州だからこそ、今回のJR九州上場のニュースは、きっと地元の方々にとって大きな励みになるのではないでしょうか。

応援を兼ねて、当ブログでも取りあげることにしました。

 

 

さらに、すでに東証に上場済のJR3社とは違い、今回の上場は、1987年の国鉄民営化の時点では誰も予測していなかったようです。

それがなぜかは、ぜひ社説本文をご覧ください。

「プロジェクトX(古い?)」の題材になりそうなストーリーが伝わってきますよ。

 

 

 

 

 ☆今日の社説

・毎日新聞 2016年10月26日社説

 「JR九州の上場 挑戦の旅を見守りたい」

 

 ・The Mainichi 毎日新聞英文サイト (上記社説の英訳)

”JR Kyushu must grab chance of going public to boost profitability”

 


 

 

 

☆内容ポイント

 ・JR九州が東京証券取引所への上場を果たし、純粋な民間会社として新たにスタートすることとなった。JR旅客6社のうち、九州は4例目の上場となる。

 

・いわゆる「3島会社」と呼ばれる北海道、四国、九州のJR3社は、国鉄分割民営化当初から大幅赤字が予想され、国から「経営安定基金」を受けてきた。そのハンディを克服すべく、JR九州は、事業の多角化やブランドの強化、海外展開、豪華寝台列車「ななつ星in九州」といったデザイン性の高い車両の導入など、攻めの姿勢で経営努力を行ってきた。それだけに、「3島会社」初となる今回の上場には特別な意味が伴う。 

 

・JR九州は、今春で経営安定基金を全て取り崩しており、今後は自力で業績を改善しなければならない。地域の足としての役目を確保しつつ、いかに事業を拡大展開し、長期的利益を得ていくか。本格的な試練は、むしろこれからである。試行錯誤を重ねつつ、チャレンジを続ける姿は、日本の企業全てに可能性を示しているといえる。 

 

 

 

☆単語メモ

  • JR九州   - Kyushu Railway Co. (JR Kyushu) 
  • 上場する(上場を果たす)  - go public / list one's stock on ... 
  • 東京証券取引所1部   - the First Section of the Tokyo Stock Exchange (TSE)
  • 国鉄分割民営化   - the break-up of the (red ink-drenched) Japanese National Railways (JNR) 
  • 事業計画   - business plans
  • 社長人事   - appointments of new presidents
  • 純粋な民間会社   - a purely private company
  • JR旅客6社   - six JR passenger companies
  • JR東日本   - East Japan Railway Co. (JR East)
  • JR西日本   - West Japan Railway Co. (JR West) 
  • JR東海    - Central Japan Railway Co. (JR Central)
  • JR北海道    - Hokkaido Railway Co. (JR Hokkaido)
  • JR四国    - Shikoku Railway Co. (JR Shikoku) 
  • 「3島会社」  - the "three island companies" 
  • ~と呼ばれる   - dubbed ... 
  • 大幅な赤字になる   - go deeply into the red
  • (鉄道事業の)稼ぎ頭   - lucrative lines
  • 山手線   - the Yamanote Line in downtown Tokyo
  • 東海道新幹線   - the Tokaido Shinkansen bullet train line between Tokyo and Shin-Osaka
  • 「経営安定資金」   - business stabilization funds 
  • 運用益   - investment profits 
  • 赤字を穴埋めする    - make up for one's deficits 
  • 事業を多角化する   - diversify one's business
  • ブランドを強化する   - strengthen one's brand
  • 分譲マンションの販売戸数   - new condominium sales 
  • 高速船   - high-speed ship services 
  • 九州の産品   - Kyushu ingredients
  • 鉄道以外からの売り上げ   - sales from non-railway projects
  • 豪華寝台列車「ななつ星in九州」  - a luxury vacation train, "Seven Stars in Kyushu" 
  • 「車両の墓場」  - the "train graveyard"
  • デザイン性の高い車両   - trains with unique external designs 
  • 社員の士気を高める   - enhance employee morale
  • ~を取り崩す  - use up ... 
  • ~を無人化する   - unman ...
  • 不採算路線   - money-losing lines
  • 長期的利益をもたらす   - bring long-term benefits (to ...) 
  • 誰もやっていないことに挑戦する   - try something that no one else has ever done
  • (日本の)高齢化や人口減少   - Japan's aging, shrinking population

 

 

 

☆今日の使える表現

 

・ハンディを克服する   - to overcome one's disadvantages

ハンディを克服すべくJR九州が取り組んだのが事業の多角化とブランドの強化だ。

To overcome its disadvantages, JR Kyushu has diversified its business and strengthened its brand, aggressively launching real estate, hotel and farming projects.

 

 

・国外に活路を求める  - pursue business opportunities overseas 

国外にも活路を求めた。

JR Kyushu has also pursued business opportunities overseas.

 

 

・本格的な試練はこれからである   - will face major challenges going forward 

株式上場は終点ではなく、本格的な試練は、むしろこれからである

The company will face major challenges going forward.

 

 

・試行錯誤を重ねつつ、チャレンジを続ける   - continue trying something new while continuing its trial-and-error efforts 

・先行きを悲観しがちである   - tend to be pessimistic about their future 

試行錯誤を重ねつつ、チャレンジを続ける姿は、JR北海道、四国だけでなく、高齢化や人口減少で先行きを悲観しがちな日本の企業に可能性を示しているようだ。

JR Kyushu's attitude to continue trying something new while continuing its trial-and-error efforts appears to have broad potential for improving business performance, not only at JR Kyushu and its fellow "island companies," but also other firms that tend to be pessimistic about their future because of Japan's aging, shrinking population. 

 

 

 

 

☆関連記事1(英文記事)

覚えた単語を忘れないうちに読めるように(?)、関連英文記事をいくつか載せておきますね。お時間のある方はぜひどうぞ~。

 

・Bloomberg

 

・NIKKEI ASIAN REVIEW

 

 

 

☆関連記事2

今回の上場にあわせて発表された、JR旅客6社の経営動向調査がありましたのでシェアします(2016年10月25日公開)。

JR九州の近年の健闘が垣間見えますよ。


以下は、上記レポート本文からの抜粋です。

 

(JR九州は)九州経済をけん引する代表的な企業として、復興を目指す熊本県など各県の思いを込めて、「頑張ろう九州」の旗印となることが期待されている。 

  

 

九州、そして日本経済を元気にするために、これからも頑張ってほしいものですね^^ 

 

 

私もいつか、「ななつ星in九州」に乗ってみたいです。

ずいぶん先まで予約でいっぱいと聞きましたが、、まずはウェブサイトで脳内旅行を楽しむとします♪

 

 

 

今日は以上です。

皆さん、良い一日をお過ごしくださいね。

  

 ⇊参加しています。

今後の更新の大きな励みになるので、よかったら応援お願いいたします!